『継承の心』和太鼓に学ぶ



公之武の父を師とし、伝統ある東京板橋 勇音太鼓に置いて、我々は幼少期より共に学ぶ。
打ち込む事の泥臭さ、美しさを師の背中から受け継ぎ、その原点を胸に
和太鼓を通し『和の心』『文化』を次世代に繋ぎ伝承すべく独立した和太鼓精鋭集団。


東京都板橋区/2012年1月1日結成
番頭 公之武/亮 RYO/志居 shiori



葉隠〜HAGAKURE〜とは...


※葉隠とは江戸中期に、武士道について説かれた教訓書

 『武士道と云うは、死ぬ事と見つけたり』
 
二つに一つという場合に、武士道は死ぬ事を選ぶ。
この一文が有名な為、一見荒々しく、どこか自暴自棄なイメージがついている。
 しかし、葉隠を読み終わると、死に方では無く、生き方を強く説いているのだと気づく。
死ぬ覚悟を持ち、何事も挑戦して行く事で、現状とは異なる世界や価値観が生まれ、新しい道が拓ける。
  私たち葉隠〜HAGAKURE〜は葉隠精神を持ち日々鍛錬を積み重ねる事が全てである。
葉隠〜HAGAKURE〜の名に恥じぬよう、毎日を精一杯生きる。
拍手していただける人、言葉を掛けていただける人、関心を持っていただける人を裏切らぬ様、
常に気を引き締め、日々精進していく。
まだまだ未熟者共ですが、暖かくも厳しい叱咤激励、ご声援よろしくお願いします!




《English》
Hagakure(葉隠), literally means hidden leaves, comes from the book of the Samurai which was written in the middle of Edo period(1716ish). It's a spiritual guide for the way of the Samurai life. According to this book, Samurai must be willing to die at any moment, especially in the worst cases in order to be true to their load and their soul. It sounds like they're desperate; however, you would realize that it tells "the way of living" once you understand the whole meaning of it. It explains how important to follow your soul every moment while you're alive, and if you do so, you won't afraid of anything even death and can live out your life. Therefor, we live every moment following the concept of Hagakure to not shame on ourselves when we stand in front of Taiko(drums) and audience. Keeping ourselves strong and improving our skills are everything to us. We will show you strong performance with Hagakure soul to sway your soul. Dear people who just found us, we won't get you disappointed so please encourage us from now on! Dear friends who already know us, we appreciate your continued support!

→メンバープロフールもご覧下さい。